フルーツの効果♪美味しく痩せる

酵素をたっぷり取り入れよう!甘いものが好きな人にもお勧めのダイット方法 - フルーツとヨーグルトカスタードのタルト

フルーツとヨーグルトカスタードのタルト

20フルーツとヨーグルトカスタードのタルト
フルーツとヨーグルトカスタードのタルト
<材料>(18cmタルト型)
■タルト台(お好みのレシピで)
ホットケーキミックス 150g(200g)
サラダ油またはオリーブオイル  大さじ3(大さじ4)
牛乳または豆乳  大さじ2(大さじ2と1/2)
塩  ひとつまみ
■ヨーグルトフィリング
 ○ヨーグルト 120g
 ○砂糖 50g(甘さ控えめ)~
 ○卵黄 1個
 ○薄力粉 大さじ2
 ○牛乳 120g
 バター 7g
 レモン汁やキルシュ、ラム酒など お好みで小さじ1程度
 ☆ゼラチン 5g
 ☆湯 大さじ1
ホイップクリーム(動物性でも植物性でも) 70g
■お好みのフルーツなど
<つくりかた>
1)ボールに油・牛乳(豆乳)・塩を入れ、泡立て器でよく混ぜます。
2)1)にホットケーキミックスを入れ混ぜます。ビニールを手袋にして混ぜると手が汚れず楽です。
3)タルト型に油か溶かしたバターを薄く塗ります。
4)大きめのラップに丸めた生地を乗せ、上からもう一枚のラップをかぶせ、めん棒でタルト型(底面+側面高さ)の大きさに伸ばします。
5)上のラップをはがし型を逆さに置いて、下のラップごとひっくり返します(ラップはまだ使うので捨てないでください)。
6)ラップの上から型に密着させる。底面と側面の境目がピッチリくっつくように押さえていきます。
7)ラップをはがして(ラップは捨てないでください)側面の余った生地を包丁でカットします。切り落とした生地はラップに置いていきます。
8)余った生地は補強に使用☆ラップ&めん棒でのばして側面の高さに細長くカットします。
9)8)を側面の生地が足りないところや薄い部分につけ指でなじませて補強します。
10)フォークで空気穴をあけ、余熱した180度のオーブンで18~20分焼きます。
11)荒熱が取れたら型から外します。
12)ここで、焦って型からはずそうとすると壊れるので注意しましょう。ただし、フィリングにゼラチンが入っているので少しなら何とかなります。
13)【ヨーグルトフィリング】ヨーグルトカスタードを作り、泡立てたホイップを混ぜます。
14)☆ゼラチンを湯でふやかしておきます。
15)○を上から順に入れ、その都度よく混ぜます。薄力粉は茶こしを通すといいでしょう。牛乳は少しずつのばすようにします。
16)レンジに3回かけます。沸々して少ししたら、とりだして混ぜます。3回目は中まで火が通っていることを確認しましょう。(我が家はレンジ600Wで、2分→1分30秒→30秒~。時間はご使用のレンジや器によって調整してください)
17)バターとレモン汁等を加えて混ぜ、更に☆も加えて混ぜます。ゼラチンはカスタードが冷める前に加えてください。
18)できあがりは普通のカスタードよりゆるいですが、大丈夫です。
19)できあがったヨーグルトカスタードのあら熱をとります。冷やしすぎに注意しましょう。ここでゼラチンが固まっては困ります。
20)生クリームをあわだて、あら熱のとれたヨーグルトカスタードに混ぜ、フィリングの出来あがりです。タルト台に流し込んでください。
21)冷やし固める前に、ベースのフルーツを飾るほうがフルーツが安定しやすいです。ここでは転がりやすい苺を先のせてから冷蔵庫へいれてください。
22)仕上げ。トップ画像は、苺に人参の葉(笑)をのせて、粉糖を振ったもの。↑こちらは、苺+ブルーベリー+粉糖です。
*ヨーグルトを使うことで、ダマになりにくいです。
*レンジ3回終了時、中までしっかり火が通っていることを確認してください。加熱が足りないと粉っぽく感じるかもしれません。
*フィリングは甘さ控えめですので、甘めが好きなら砂糖を増やしてください。

関連記事

:次の記事 →
Copyright(C)2014 フルーツの効果♪美味しく痩せる All Rights Reserved.